読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニーズアセスメント

参加者が「何を」学びたいと思って参加しているのか。

プログラムを展開するにあたり、ワークショップの始めにこれをつかむことが大切です。

 

ニーズは参加者自身が気付いていないレベルのものもあるので、”どんな問いを立てるか”や、話しやすい環境設定(道具を使うとか、グループサイズを工夫するとか)などがファシリテーターには求められます。

 

先生向けのアクティビティを使ったワークショップを開くことが多いのですが、上記のことを考えながら進めています。

 

例えばこんなニーズがあるとします。

1.「アクティビティを学びたい」

2.「アクティビティから学びたい」

3.「アクティビティを通してファシリテーションを学びたい」

4.「アクティビティを教科教育の中に入れるにはどうしたらいいかについて学びたい」

などです。

 

例えば、1のニーズであれば、リフレクションの比率を下げ、ともかくアクティビティを数多く提供するでしょう。

 

ニーズは、どれか一つというわけでもないし、活動しながら変わっていくニーズもあると思います。

それに応じ、ファシリテーターは柔軟にプログラム展開していきます。会話のフレームなどもニーズの変化に合わせて変えていく必要が出てきます。

 

 そのためには、

観て、聞(聴)いて、感じて。

参加者の「今」をキャッチしていくことが大切です。 

 

グランドルールはファシリテーターが提示する!?

ワークショップの場を安心安全な環境にするための方法の一つに、グランドルールというものがあります。

 

ファシリテーターやその会の主催者がプログラムの始めに紙やボードに書いて提示し、説明することが多いです。

(それがないと場がどうなってしまうか、の不安から提示するという人もいます)

 

(そのワークショップの目的にもよりますが)ただ、もし時間的な制約などがある程度自由にきくのであれば、これを参加者から出してもらうのがいいなぁ、と思います。

 

それにより、参加者のそうした場に対する経験や期待、ニーズなどもつかめるからです。

最初の会話のきっかけとして、アイスブレイク的な要素も入りますし。

 

決まったプログラムではなく、参加者の状態を知ったうえで会を進めていくタイプのワークショップでぜひ取り入れてみて欲しい考えです。

エッセンスを抽出する

今の子どもたちは遊び方を知らないとよく耳にします。特に集団での遊び。

 

休み時間の様子を見ると、ドッジボールや鬼ごっこなどはしています。

勝つか負けるか系、運動能力がものをいう系の遊びはするのですが、そこにいる全員がそれぞれの能力で参加を選べたり、一人ひとりに配慮がある設定の遊びはあまり経験したことがないのかなぁ、と見ていて思います。

 

子どもたちからそうした遊びが自発的に出るといいのですが、昔に比べ異年齢交流がなかったり、遊びの経験が少ない子供たちから出てくるのはなかなかない。

 

集団遊びに関しては少し大人がきっかけを作ることも必要かな?と思う今日この頃です。

 

その時にヒントになるのが、昔遊びやアクティビティ。

 

アドベンチャー教育分野で使われているアクティビティはもともとは様々なフィールドで使われていたものが多いのです。

 

アクティビティの要素を分析して見ると、安心安全な環境をつくりながら楽しめるエッセンスが含まれていることに気づきます。

 

それらのエッセンスを既存(ドッジボールや鬼ごっこにも)の遊びに応用してみる。

そうすることで、そこにいる誰もが自分なりのかかわり方で楽しめる遊びに変わっていくのを実感しています。

 

アクティビティをそのまま使ってみるのもいいですが、エッセンスを取り入れる視点を持つことで、汎用性が高まります。 

 

 

 

 

 

防災とレジリエンス

震災後、心の復興に関する研修会に参加してきました。

その中で、ある研修会で聞いたフレーズをよく覚えています。

”私たちは日常的にセルフケアをする習慣がなかったり、それを意識して生活していない”

 

何か自分の心が大きく負の方へ振れた時、どんな考えや行動でその振れを戻していくか。(レジリエンスを発揮するか)

 

それぞれが自己流で、時に不適切な行動をとりつつ(暴飲暴食とか)試みているのが現状のような気がします。

 

防災のWSに参加することも多いのですが、緊急期のことを考える(備蓄食料どうするや避難所運営どうするなど)ものはありますが、日常期の心のケアをどうするか、の視点が抜け落ちていると感じています。

 

”平時にできないことは、有事にもできない”

物の準備に限らず、心の面でも言えること。

 

何か新しいことを始めるのでなく、今ある自分の日常の行動をレジリエンスの視点からリフレクションすること。

 

そうした視点で日常を見ると、好きなことをしたり、身体を動かしたり、誰かとおしゃべりをしたり。

日常的にしている当たり前のことが、実は自分の心を支えていることに気付かされます。

 

 

 

readynessをつかむ

活動(アクティビティ)を実施する際に、どんな視点を持って活動を選ぶか。

 

心や身体の準備、またはその活動をやり遂げる身体能力、認知能力、発達段階などに配慮して活動を選びます。

 

例えば、アクティビティ中に使うソーシャルスキルが多いほど、活動難易度はあがります。

「誰とでもいいのでペアになる」という活動をしたとします。

そこには、「選択(誰を選ぶか)」「決定(誰に決めるか)」「主張(お願いする)」「妥協(あきらめる)」「受け入れる」などが内包されていたりします。

 

普段からの様子を見て、「なぜ」するのかとともに、「何を」対象者に「どう合わせて」提供していくかを考えることは、安心な学びの場をつくっていく上で大事な要素だなぁ、と思います。

 

ついつい、遊びの場だとそうしたことを忘れてしまうんですけれども。

 

提供したアクティビティをグループが達成できなかったり、イマイチ乗らなかったりした場合、readynessの視点から活動を見直すクセをファシリテーターとして常に持っていたいです。

 

 

サードプレイスの要素

サードプレイス=家、職場(学校)以外の第三の場所。

この言葉を初めて聞いたのは、妻が学生時代バイトをしていたスターバックスの話から。

 

震災後、地元石巻フリースクールの立ち上げにかかわったり、子どもたちが積極的にまちづくりに参画する活動をサポートしたり、学校の先生たちを主な対象とした研修会を開いたりするなど、サードプレイスづくりをしています。

 

サードプレイスが持つ要素って?を自分の経験からあげると。

 

⑴利害関係がない(もしくは薄い)他者の集まりということ。ななめの関係。

⑵安心安全が保障されている場であること

⑶非日常的な空間(会場の立地が生活圏内にない)

⑷共通の目的を持って集まっている

⑸異業種、異年齢の集まり

⑹食べ物を介した交流がある

⑺何かを生み出す、つくり出す環境

⑻お互いにとっての成長の場

⑼誰かの役に立つ

⑽役割(親、妻や夫、子、職業上の立場)を横に置いておける

(11)いつ来てもいいし、いつ来なくなってもよい、が保障されている

(12)お互いの自由が保障されている(思い思いに過ごせる)

(13)自分が好きなことができる

 

そこにいる人たちが安心安全を感じ、自分らしく時間を過ごせるように。

以上のことを気に留めながら場づくりをしています。

 

他にも要素はありそうです。

 

 

最初に何しよう?

研修会という短い時間の中で、どう学びの環境を整え促進していくか。

 

そのツールとして、アクティビティを好んで使っています。

 

このアクティビティ、様々な要素が抜け落ちると、やって終わりのものになってしまうことがあります。

「あ〜楽しかった。で?」みたいな。

(それ自体だけでも非常に楽しく、魅力的な活動なんですが) 

 

アクティビティに対するこうした誤解?をどう払拭し、楽しさにプラス学びを加えていくか。

いつもいつものテーマです。

 

これから始まる活動への期待感やアクティビティに対するイメージを持ってもらうために、最初に何をするかは特に気をつかいます。

参加者の方は場や人への緊張もあるでしょうし、プログラムへの期待と不安もあるでしょうし。(アイスブレイクがアイスメイキングにならないように)

 

自然と会話が起きたり、エラーを笑いあえる活動は特に好んで使っています。

人それぞれ、アクティビティを提供する体験を重ねていくにつれ、自分好みのアクティビティが見つかっていくような気がしています。

 

さあ、最初に何しよう?